RX−8情報局

 

RXー8後期型タイプGの買取相場

 

買取相場,RXー8,後期型,タイプG,

 

買取予想相場

 

50万〜140万

 

まずはRXー8後期型タイプGの買取相場を見ていただきました。
ここからはさらにタイプGの買取相場の傾向について解説していきます。

 

最後まで読んで頂ければ、タイプGの買取相場について詳しくなれますし、この情報を使って高く売ることがでるようになります。

 

RXー8後期型タイプGの買取傾向

 

玉数が少ない

 

タイプGはかなり玉数が少ないです。
全国で10台中古が出回っているかいないか、というぐらいの数しかありません。

 

だからと言って、希少グレードとして特別高いということは残念ですがありません。

 

全体的に前期型に比べて高い相場

 

タイプGは後期型にのみあるグレードですが、買取相場は前期型のどのグレードよりも平均的に高いです。

 

走行距離5万km前後は高く売れる

 

走行距離5万km前後までであればかなりの高値が期待できます。

 

走行距離が多い場合でも、後期型は人気があるのでいい値段で売れる可能性が高いです

 

エアロ装着車両が人気

 

純正・社外エアロを装着した車両は特に人気があって高く売れます。

 

エアロが付いているなら査定の際にアピールしておくと査定アップします。

 

タイプGは新車価格は最安だが、相場は高い水準

 

タイプGは後期型RXー8の中では一番安いグレードですが、買取相場はほかの上位グレードに負けず劣らず高い水準です。

 

最安グレードだからと言って高く売れないことはないです。

 

ほかのグレードの買取相場と比較する

 

タイプGの相場がほかのグレードと比べてどうなのか?ということを見て見ましょう。

 

RX−8 SE3Pの全グレードの買取相場

 

RXー8後期型タイプGは高く売れる可能性が高いです。

 

相場の状況をよく知っておけば高く売れます。

 

続きを読む≫ 2017/10/10 06:47:10

 

RX-8 前期型 マツダスピードバージョンの買取相場

 

買取相場,RX-8,前期型,マツダスピートドバージョン

 

 

予想買取相場

 

60万〜100万

 

 

 

まずはRX-8前期型マツダスピードバージョンの買取相場を見ていただきましたが、ここからはさらに詳しくマツダスピードバーションの相場の傾向について解説致します。

 

最後まで見ていただければ、マツダスピードバージョンの買取相場についてかなり詳しくなれます。

 

RX-8 前期型 マツダスピードバージョンの買取傾向

 

走行距離が多くても高値で売れる

 

RX-8 前期型は走行距離が8万kmを超えるとかなり買取相場が安くなる傾向がありますが、マツダスピードバージョンは例外です。

 

前期型ではマツダスピードバージョンだけは走行距離が多くても高値で取引されています。

 

同じ程度の通常グレードの3倍近い価格で取引されている車両もあります。

 

玉数が少ないので相場が維持される可能性大

 

マツダスピードバージョンは300台限定ということもあって玉数がとても少ないです。

 

希少限定グレードでマツダスピードは特に人気があるので年式が古くなっても相場がなかなか下がらず、高値で取引される状態が維持されます。

 

カスタム車両も高く売れる

 

マツダスピードバージョンにさらにカスタムしている車両は高く売れる傾向にあります。社外マフラーや車高調などの人気パーツが装備されていると、買取価格が上がる可能性が高いです。

 

RX-8前期型の中では一番高く売れる

 

マツダスピードバージョンは2003年?2007年迄の前期型の中では一番高く売れるグレードです。

 

査定の際には、マツダスピードバージョンである事をしっかりとアピールしましょう。

 

高値で売るに他のグレードとの差を知っておこう

 

マツダスピードバージョンはこれまでに説明した通り、ほかのグレードよりも高く売れる可能性大です。

 

なので、ほかのグレードの買取相場と混同されるのは避けたいところです。

 

RX-8前期型にはマツダスピードバージョンを合わせて9種類のグレードがありますから、ほかのグレードとの差がどのくらいになるのか確認しておきましょう。

 

RX−8 SE3Pの全グレードの買取相場

 

続きを読む≫ 2017/10/09 22:11:09

RX−8 前期型 タイプEがいくらぐらいで売れるのか、買取相場情報を調査しました。

 

RX-8,前期型,タイプE,いくら,買取相場

 

RX−8の中ではラグジュアリー系のグレードとして、ATのみの設定となっているタイプEです。

 

調査した結果買取相場は以下の結果になりました。

 

買取相場

 

5万円〜100万円

 

 

新車価格がベースグレードより40万ほど高いが、相場はベースグレードとほぼ変わらずというところでした。

 

新車価格はベースグレードより高いが、レザーシートは年式が古いと評価対象になりくいので相場が変わらないという状況になっています。

 

玉数はやや少な目で、比較的走行距離の少ない玉が多いです。

 

価格帯別車両の状態は?

 

60万以上

 

  • フルエアロ
  • 走行距離4万km以下
  • 内外装キレイ
  • レザーシート状態良好

 

30万〜50万

 

  • 走行距離7万kmぐらいまで
  • エアロ付
  • 内外装キレイ
  • 修復歴なし

 

5万〜20万

 

  • 走行距離7万km以上
  • 修復あり
  • レザーシートスレあり

 

RX−8 前期型 タイプE の中古車相場

 

前期型はすでに発売から10年以上経過していますが、底値は堅くこれ以上はなかなか下がらないと思います。

 

前期型タイプEの中古車相場は、平均的に高めのものが多い印象です。

 

一般的な中古車としての状態が良い車両はなかなか高めの買取価格が期待できそうです。

 

タイプEはレザーシートが特徴的なグレードですが、レザーシートは年式による価格の下落が大きくて5年ほどで付加価値がなくなってしまいます。

 

なので、新車価格がベースグレードより40万ほど高いですが買取相場はベースグレードとそう変わらない相場になっています。

 

RXー8は比較的AT車も人気があるので、ATだから高く売れないという事は無いでしょう。

 

他のグレードとの価格差を比較する、自分のRX−8の相場をより知りたいなら

 

RX−8前期・後期の買取相場

 

でよくまとめられています。

続きを読む≫ 2017/10/04 07:03:04

RX−8,前期型,タイプS,いくら,買取相場

RX−8前期型の一番人気グレードで、新車でも一番多く売れていたのがタイプSです。

 

買取相場は5万〜130万

 

と、かなり幅が広いですがRXー8前期型の他のグレードと比べてみると高値で取引されている車両が多かったです。

 

やはり人気があるので、高く売れる様です。

 

中でもマツダスピードフルエアロが人気が高く、マツダスピードのフルアエロが装着されている車両はかなりの高値が期待できます。

 

価格帯別車両の状態は?

 

100万以上

 

  • 走行距離4万km以下
  • 修復歴なし
  • 色は純正色ならなんでもOK
  • マツダスピードフルエアロは特に好評化

 

60万〜90万

 

  • 走行距離6万kmぐらいまで
  • 平均的な状態の玉が多い

 

30〜50万

 

  • 走行距離8万kmぐらいまで
  • 修復歴ありが少し混じる

 

5万〜20万

 

  • 走行距離10万km以上
  • 修復歴ありも多い

 

RX−8 前期型 タイプS の中古車相場

 

RX−8自体は10年以上経過しているので、相場もかなり落ち着いています。
底値は堅くこれ以上の全体的に大きく相場が下がる事はなさそうです。

 

RX−8前期型 タイプSは前期型の中でも一番人気の高いグレードという事で、玉数も多く全体的に相場は高いです。

 

走行距離次第では高く売れる可能性は非常に高いです。

 

また、タイプSはスポーティさを重視したグレードなので社外品の車高調といったパーツも評価が高く高額で取引されている車両にはカスタムされている車両もありました。

 

特に人気なのはマツダスピードフルエアロを装備している車で、走行距離が多少多くてもマツダスピードフルアエロが装備されていれば高く売れる可能性が高いです。

 

他のグレードとの価格差を比較する、自分のRX−8の相場をより知りたいなら

 

RX−8前期・後期の買取相場

 

でよくまとめられています。

 

 

続きを読む≫ 2017/10/04 05:06:04

vRX−8 前期型 ベースグレードがいくらで売れるか調査しました。

 

RX−8前期型の中では最安価グレードのベースグレードですが、2017年10月現在、公開されているだけで150件ほどの流通量があります。

 

中古車流通台数としてはまあまあの数ですが、相場はなかなかピンからキリまでという感じでした。

 

ベースグレードの予想相場は?

 

ベースグレードの予想相場はズバリ

 

5万〜100万

 

です。

 

価格帯別車両状態の考察

 

どんなRX−8なら、どのくらいの相場になるのか目安になるように価格帯ごとの車の状態を調査しました。
自分の車がどの状態に近いか比べて買取価格を予想するのに役立ててください。

 

60万以上

 

・走行距離がおおよそ6万km以下
・フルエアロなど、外装パーツがついている
・ワンオーナー車
・エンジン圧縮比の高い車両
・内外装キレイ

 

30万〜50万

 

・走行距離8万km以下
・フルノーマル
・内外装中程度
・AT車

 

20万〜5万

 

・走行距離8万km以上
・修復歴あり
・装備・エアロ少ない

 

 

RX−8 ベースグレード 前期型 の中古車相場

 

RX−8 ベースグレード 前期型の中古車相場は意外と高い印象を受けました。

 

前期型はもう発売から10年以上経過している車両も多いですが、中古車相場は底堅くあまり下がらなくなってきていると思います。

 

 

前期型は今ぐらいの相場でしばらく落ち着くと予想されます。

 

10年以上経過しているからと言って売れないなんて事は無いですよ。

 

高い価格で取引されている車両の特徴

 

やはり、スポーツカーなので社外・純正問わずフルエアロ車は人気が高く高値で取引されています。

 

ロータリーエンジンの調子のバロメータでもある圧縮比を測定済みの車両も人気がありました。

 

ミッションによる差はほぼない

 

ベースグレードには5MTとATがありますが、どちらも相場としては差がほとんどないです。

 

スポーツカーはAT車は相場がMT車に比べて安い事が多いですが、ベースグレードのRX−8はライトユーザ層にも人気があるのでATでも人気があるようです。

 

RX−8の買取相場を比較する

 

他のグレードとの価格差を比較する際には、

 

RX−8前期・後期の買取相場

 

を確認してみてください。

 

続きを読む≫ 2017/10/03 05:05:03

RXー8 前期型 ベースグレード MT5速 ブルー 10万km を売却したMさんにお話しを聞いてきました!

 

MさんのRX−8の査定額はいったいいくらだったのか?!

 

大公開してみたいと思います。!

 

MさんのRX−8のディーラーでの査定額

 

まず、Mさんは新車への乗り換えという事で新車の見積もりを取りに行ったそうです。

 

次の車がホンダ ステップワゴンなのでホンダディーラーでの下取り査定となりました。

 

その結果・・・・・・・

 

なんと、5万!

 

5万円です

 

下取りの5万円っていうのがどういう意味かというと、

 

「もう、ほぼ価値が無いですけど新車買ってくれるんだったら5万ぐらいは付けますよー」

 

って感じの値付けなんです。

 

いくら10万kmきてるからと言って、Mさんはイイオイルを使ったり一生懸命整備して良い状態を保ってきた愛車が5万円という事にショックを受けていました・・・・・・

 

そこで、Mさんへ私からの助言として

 

「一括査定を受けてみたらどう?」

 

という事で、一括査定を受けてみてもらいました。

 

RX−8をズバット買取比較で査定依頼!

 

ズバット買取比較という一括査定サイトで、Mさんは査定依頼を申込ました。

 

その結果、査定依頼出来たのは4社!

 

Mさんは地方のわりと田舎に住んでいるのでMAX4社でした。

 

4社すべてに査定してもらって出た結果が・・・・・コレでした!

 

  • B社 10万
  • G社 6万
  • K社 15万
  • C社 16万

 

結果的に、一番高く買取してくれたC社に売るようにしたそうです。
ディーラー下取りから11万円UPでした!
よかったです!

 

なぜ、一括査定でUPしたのか?

 

なぜ、RX−8のディーラー査定が5万円だったのに一括査定でUPしたのでしょうか?

 

Mさんは、「しっかりと価値を理解してくれる熱心な担当者と出会えたから高く売れた」と語っていまいした。

 

Mさんいわく、買取店によって査定に差があるのは当然わかっていたのですが担当者によってこうも査定や交渉が違うのかとおもったそうです。

 

買取価格を提示するときのテンションがちがうといっていました。

 

熱心にしてくれる担当者が、上司や関連店にかけあってなんとか16万円で話を付けてくれたのでよかったそうです。

 

一括査定を利用して一番よかったのは、複数の買取店に査定してもらう事で熱心に価値を理解して一生懸命高く買取してくれる営業に出会えた事だと言っていました。

 

RX−8の査定で営業マンが語っていたポイント

 

Mさんから話を聞くと、営業マンが語っていたいくつかのポイントがありましたので紹介します。

 

・スポーツカーは販売店が大幅に利益を乗せて売ってる場合が多い

 

RXー8のようなスポーツカーはこだわりある人が買うので、あまり回転率がよくないそうです。

 

なので、販売店の店頭価格は仕入れ価格から多めに利益を載せて販売しているという事らしいです。

 

高く買取できるにはこの利幅を狭めてでも買取してくれる業者を探すのが重要と教えてくれたそうです。

 

・状態が良ければしっかり買取してくれる業者はある

 

一番高く買取してくれた業者が車を見て一番に発したのが、「かなり状態が良いですね」という言葉だったそうです。

 

Mさんはかなり几帳面で自分でメンテナンスをする知識と技術がありかなり大切に乗ってきていたので状態は抜群でした。

 

状態をキチンとみてくれる買取店を選べば相場よりいい金額で売れる事もありえるそうです。

 

エンジンとボディの状態がよければあとはさほど・・・・・・

 

査定士が車を査定する様子を見て気が付いた事がありました。

 

それは、査定士はボディとエンジンがメインで他はあまり入念に査定しなかったそうです。

 

助手席側のパワーウィンドウが故障していまいしたので説明したところ「そうですか、わかりました」とだけ言って査定にはほぼ関係のなさそうな感じでした。

 

実際、パワーウィンドウが故障してるから金額が下がる・・・・と言われた事はなかったそうです。

 

 

RX−8を売るなら?

 

RX−8を売るなら、まず買取相場を見てみましょう。

 

RXー8の買取相場

 

売る決心がついたら、次は一括査定に申しこみです。

 

一括査定はコチラからどうぞ!

 

続きを読む≫ 2017/10/03 03:22:03

RX-8,10万kmオーバー

10万kmオーバーのRX−8の相場は

 

前期型 5万円〜100万円

 

後期型 100万〜160万

 

という相場でした。

 

やはり、後期型の方が圧倒的に高い相場です。
後期型でグレードがRS・スピリットRなら、かなりの高値で売れます。

 

前期型はグレードよりも販売地域・車両の状態によって価格がかなり大きく違っています。
また、前期型で高額取引されている車両のほとんどが、カスタム車両というのが特徴的です。

 

RX−8の買取相場を確認する

 

10万kmオーバーのRX−8をできるだけ高く売るなら?

 

10万kmオーバーのRX−8を出来るだけ高く売るなら、まずは相場を確認してだいたいどのくらいで取引されているのかを確認しましょう。

 

RX−8の相場表を見る

 

相場を確認してだいたい、どのくらいで売れそうなのかがわかれば後は一括査定を利用して複数の買取店に査定をしてもらいましょう。

 

一括査定はコチラ

 

RX−8のように「欲しい人が買う」タイプの趣味性が強い車は特に、買取店ごとに査定に大きな差があります。

 

市場に在庫があまりない、仕入れたい販売店があるといった時期によってはかなりの高値で売れる事も珍しくないです。

 

なので、査定の際に希望買取金額を聞かれたら吹っかけた金額を言っていいでしょう。

 

10万kmオーバーだからと言って遠慮してはいけません。

 

交渉は遠慮した時点で負けです。

 

 

スピリットRなら10万kmオーバーでもかなり高く売れる

 

RX-8,10万kmオーバー

 

RX−8の最終限定グレード、スピリットRはRX−8全グレードの中でも根強い人気があります。

 

欲しい人が多いので10万kmオーバーの車両でもかなりの高値で売れるのは間違いが無いでしょう。

 

どのくらい他のグレードと違うのかは、RX−8の買取相場表を見てみてください。

 

きっと びっくりすると思います。
10万kmオーバーでも廃車にする必要ナシ!

 

RXー8は人気の根強い車種です。

 

10万kmオーバーでも需要はあるので、廃車にする必要なんてありません。

 

もし、下取りで0円と言われたとしても諦めてはダメです。

 

買取なら必ず買取してくれるところがあります。

 

一括査定を利用して、高く買取してくれるお店を見つけましょう。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/10/02 06:23:02

中古安い,RX−8

RX−8の中古車は玉数もそこそこ多く、かなりお買い得な車両も多く
100万以下で購入できる車両も多いので初めての1台としても最適です。

 

そんなRX−8の「安い」車両の上手な選び方について解説します。

 

RX−8の中古車相場の参考には、↓を見てみましょう。

 

RX−8のグレード別中古車相場

 

 

安く買うなら前期型

 

RX−8の前期型はかなり安く買える車両が多いです。
後期型に比べて20%以上安く購入できます。

 

前期型の方が安い理由は
年式が古い事と後期型より人気が無い事が理由です。

 

安くRXー8を購入するなら、断然前期型がオススメなので前期型に絞って探してみるといいでしょう。

 

RX−8は2003年〜2007年式迄が前期型になります。

 

 

価格重視ならベースグレードがお得

 

RX−8も様々なグレードがありますが、安く買うなら前期型にのみあるベースグレードがオススメです。

 

ベースグレードは、上位グレードに比べると

  • MTが5速
  • エンジンパワーが弱い

 

という大きな違いがあります。

 

この為、人気があまりなく中古車価格もかなり安くなっています。

 

5速ミッションはマツダ内製で非常に出来がよく頑丈です。
逆に6速はアイシン製で、この時期のアイシン製6速はあまり評判がよくないです。

 

エンジンパワーも弱いといってもカタログ値で210PSあります。

 

街乗りメインならば十分すぎるほどハイスペックです。

 

 

走行距離よりも整備歴

 

RX−8は一般的な車とは違ってロータリーエンジンを搭載しています。

 

ロータリーエンジンは壊れやすいと思われがちですが、正しくは「ちゃんと整備しないと壊れる」エンジンです。
オイルやプラグ、水温管理などをキチンとやっていれば長持ちします。

 

ですが、残念ながらRX−8は整備が適当だった車両が多いです。
RX−7ほどガッツリのスポーツカーでは無く、4人乗りで普通に使える車になったRXー8ではロータリーエンジンの特殊性を理解せずに乗っていた人が多いそうです。
たとえ、走行距離が少なくても整備があまりされていないRX−8はエンジンの調子が良くない場合も多いです。

 

逆にちゃんと整備さえされていれば、安心して乗る事が出来ます。

 

RX−8は特殊です。
ロータリーエンジンが普通のエンジンとは違う事を理解して整備されている車を選びましょう。

 

その為には、できるだけロータリーエンジンに詳しい店舗で購入するのが良いでしょう。

 

RX−8やRX−7の取扱いが多い専門店で買うのがオススメです。

 

ATならさらに安い

 

RX−8にはATの設定もあります。

 

ATはホントに人気が無くて、かなり安い相場で取引されています。

 

MTよりも30%以上安く購入できる事も珍しくないです。

 

RX−8のスタイリングが気に入った、4人乗れるのがいいといった所が気に入ったならATという選択もありです。

 

走りを楽しみたいのならMTの方がいいですが、そうでないのならATを選べばかなり安く買えるでしょう。

 

 

RX−8を安く買うなら

 

RX−8を安く購入したいのなら、まずは相場を確認しましょう。

 

 

RX−8の相場をみてみる。

 

 

グレード、年式での相場を見たら後はGoo−netで検索して問い合わせしましょう。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/10/02 06:18:02

リセールバリュー,RX−8,SE3P

RX−8 SE3Pもリセールバリューは年式・グレードによってかなり差があります。

 

どのグレードと年式がどのくらいの相場なのか?

 

というのは、コチラ↓に一覧があるのでまず確認してみましょう。

 

RX−8の買取相場と高く売る方法

 

最もリセールバリューの高いグレードと年式

 

RX−8 SE3Pの最もリセールバリューが高い年式とグレードはズバリ!

 

2011年〜2012年(平成23年〜平成24年)のスピリットRです!

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

平均買取参考価格は110万〜260万円ほど、高年式・低走行ならそれ以上です。

 

やはり、RX−8も販売終了最後の特別限定モデルのスピリットRはめちゃくちゃ人気のグレードです。

 

限定1,000台の販売だったのが、注文殺到で+1,000台追加生産されたぐらい人気です。

 

この事を見てわかるように、スピリットRは日本全国に2,000台しかない希少グレードになります。

 

RX−8のような「好きな人が買う」車は特にスピリットRのような

 

  • 最終モデル
  • 限定少量生産
  • 豪華装備
  • 限定カラー装備多数

 

と車好きが食いつく要素満載なので人気が高いです。

 

実質の先代型である RX−7 FD3Sにも同じスピリットRが最終型限定グレードとして販売されましたが、今はプレミア価格で新車価格より高い価格で販売されていたりします。

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

RX−8もRX−7 FD3Sのようにプレミア価格になるかどうかは微妙なところですがスピリットRはRX−8 SE3Pの中でリセールバリュー最強のグレードであるのは間違いないです。

 

中古車相場も他のグレードより一段高いので、購入するとしても高いですが売る時もそれなりに高い値段で売れるので売る時の事を考えてRX−8を購入するなら一番間違いない選択です。

 

後期型・Type RSもリセールバリューが高い

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

限定グレード以外で言うとRX−8 SE3Pでリセールバリューが高いのは

 

  • 後期型
  • Type RS

 

です。

 

2008年3月10日にRX−8はマイナーチェンジをして後期型になりましたが、買取相場は後期型の方があきらかに高いです。

 

どのくらい差があるかは↓のページで確認してみるとよくわかりますが、ホント全然違います。

 

RX−8の買取相場と高く売る方法

 

中でも、人気が高く後期型にしかないグレードのType RSは人気が高くリセールバリューも高いです

 

Type RSは装備が豪華ですし、完成されたスタイリングでRX−8の中でもカッコよさが違います。

 

 

RX−8はMT車の方がリセールバリューが高い

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

RX−8はスポーツカーなので、MT車の方がリセールバリューは断然高いです。

 

正直、ATが安すぎです(苦笑)

 

ほんと、RX−8のATは人気が無いです。MT車に比べると2〜3割安ぐらい値段が違います。

 

玉数的にもMTの方が断然多いですが、リセールバリューを意識して購入するなら絶対MTです。

 

ATを選ぶと売る時に「ATは人気がないですから〜」と高値がつかない可能性大です。

 

前期型はリセールバリューで選ぶならナシ

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

RX−8の前期型はリセールバリューで選ぶならナシです。

 

前期型は後期型と比べると、およそ3割以上安いです。

 

かなりリーズナブルに中古を購入出来るので、安くRXー8に乗りたい!という場合には前期型はいい選択になりますがハッキリいってリセールバリューは期待できません。

 

走行距離8万kmぐらいでもリセールバリューが10万いかない事も十分にあり得ます。

 

前期型は後期型に比べて、スタイリングがイマイチ(個人の感想です)だったり、装備がよくなかったり、エンジンまわりの仕様上の問題が少なからずあるのであまり人気が無いようです。

 

単純に年式が古いという理由もありますが、前期・後期でかなりの違いがあってあきらかに後期の方がいい車に仕上がっているので予算が合えば後期型を購入する事をオススメします。

 

RX−8をリセールバリューのまとめ

 

リセールバリュー,RX−8,SE3P

 

RX−8のリセールバリューが高いのは

 

  • 後期型
  • タイプRS又はスピリットR
  • MT

 

といった車両です。

 

特にスピリットRは他のグレードと比べて明らかに高いです。

 

どのくらいグレード・年式でリセールバリューに差があるかは、↓こちらが参考になります。

 

RX−8の買取相場と高く売る方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2017/09/30 04:56:30

RX−8,価値

RX−8の価値は高いのか?中古車価値の動向を調査しこれからを予想しました。

 

最近のRX−8の買取相場情報は、

 

RX−8の買取相場

 

を見れば前期・後期・グレード毎に掲載されています。

 

参考にしてみてください。

 

調査の結果、RX−8の今後の価値はどのようになるのかを以下のように予想しました。

 

  • 後期型は今後も価値が高い
  • 前期型は年式と後期型人気に押されて相場が下落する
  • リーズナブルに購入できるという事で前期型も大きくは下がらない
  • 後期型はやや下落していくが、一部グレードは維持または上昇

 

 

後期型は今後も価値が高い

 

RX−8の買取相場

 

を見てもわかりますが、後期型の方が中古車相場もかなり高いです。

 

RX−8前期型はモデル特融の不具合によるリコールなどが多く、車種として十分に煮詰められていないと言わざるを得ません。

 

その証拠に、マイナーチェンジした後期型では数多くの変更が施されました。
好みは分かれますが、スタイリングも後期型の方がより精悍な顔つきになっており人気が高いようです。

 

販売台数自体も後期型の方がやや少な目で希少価値が高くなっています。

 

後期型は、年式・モデルとしての完成度・希少価値によってこれからも価値が高く相場の大きな下落はなさそうです。

 

前期型は年式と後期型人気に押されて相場が下落している

 

前期型はやはり、年式が古くなっている事、後期型の人気が高い事、モデルとしての完成度が(後期型に比べて)今一つなところがあるので相場は下落しています。

 

比較的最近のスポーツカーとしてはかなり買いやすい相場になっています。

 

価格のリーズナブルさと実用性の悪くない4シーターという事で、ライトユーザーに人気が高く最初の一台として初心者の購入対処になる事も増えているようです。

 

リーズナブルに購入できるという事で前期型も大きくは下がらない

 

RX−8,価値

 

前期型は相場が下落し、リーズナブルに購入できるという事で中古車人気が高まっています。

 

価格的に手に入りやすい事で人気が高まっているので、これ以上大きくは下がらないと思います。

 

ただ、上昇する事は考えにくいのでプレミア価値になるかと言われるとそれは難しいと思います。

 

後期型はやや下落していくが、一部グレードは維持または上昇

 

後期型は高い価格で推移していますが、今後は年式相応に徐々に下落していくでしょう。

 

ですが、RSやSPIRIT Rと言った人気が高く球数も少ない為、上昇する可能性もあります。

 

RX−8,価値

 

特にSPIRIT Rは最終型の1000台限定車という事で特に希少価値・人気が高くすでに相場はかなり高いです。

 

RX−7もSPIRIT Rは特別に高い相場だった事を考えると、RX−8もSPIRIT Rに関しては高い相場で価値ある車として流通しそうです。

 

RX−8は価値あるロータリースポーツカー

 

RX−8は世界的にも超希少なロータリーエンジン搭載車です。

 

中古車相場は年式の古い物などは価値が下落していますが、ロータリーエンジンの車を買おうと思うと現実的な選択肢となるのでこれからも底堅い相場が期待されます。

 

RX−8の今の価値をざっくりと調べるには?

 

RX−8の買取相場

 

↑のサイトでRX−8の買取相場の相場表を確認してみましょう。

 

だいたいどのグレードが何円ぐらいで取引されているのか参考になると思います。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/09/29 05:38:29